あいだにあるもの(クオリア)

「私の首から下の身体」は世界の中に在ります。 “わたし”はその世界を外から観ているものです。 

時間どろぼう

NO.241

あなたが「行為そのものに成っている」とき、時間は存在しない

あなたと世界とはダイレクトに繋がっているのだ

だが、あなたが観られる立場(受け身)に成ったとき

そこに時間が誕生することになる

そして、その時間が「ひとつの世界」を創り出してくるのだ

そこがマトリックスの世界

今まであなたが住んでいた場所だ

マトリックスは、あなたとあなたの世界との隙間にある世界だ

あなたがそこに繋がっていると云うことは

その隙間にエネルギーを吸い取られてしまっていると云うことなのだ

あなたの時間が盗まれているのだよ

だから、もうそこにエネルギーを供給するのは止めなさい

それには、あなたが行為そのものに成ることだ

すると、時間は無くなり、全てがダイレクトに成る

あなたの時間が盗まれずに、そこが「永遠の今」に成るのだ

そこはエネルギーのロスが起こらない

そこが、あなたの世界なのだ

関連記事
スポンサーサイト

マトリックス

NO.240

あなたが無意識でいるとき

あなたが機械のように自動操縦に成っているとき

あなたはマトリックスに住んでいるのだ

マトリックスとは、あなたとあなたの世界との隙間に割り込んできている世界だ

だからあなたはそこに挟まってはいけない

そこに挟まってしまうと、そこを生きる事になってしまう

それはあなたがあなたを生きていないのと同じことなのだ

だが、あなたは今までそこに住んでいたのだよ

このことに気が付いたのなら、その世界をもう閉じてしまいなさい

そしてダイレクトにあなたの世界と接するようにしなさい

そこは何もかもがダイレクトだ

そこに隙間はない

関連記事

あなたは辿り着いたのだよ

NO.239

あなたが“それ”を体験したのなら

またある程度の“それ”の理解が起きたなら

もう、そこにいるだけでいいのだ

もうどこに向かわなくてもよくなったのだ

あなたは辿り着いたのだよ

あなたはあなたを見つけたのだ

だから、そこに起こってくることだけが真実になったのだ

いつも幸せで在りなさい

そこが「約束の地」だ

関連記事

一角獣と獅子の世界

NO.238

あなたの身体は、いつもハックされている

あなたが居るべきところに、あなたが居ない

普段あなたの身体をドライブしているのは、データや常識なのだ

これがマトリックスと呼ばれるところ

つまり、「獅子の世界」

あなたの代わりに、過去、記憶が運転手に成ってしまっている世界だ

このままでは、あなたはずっとそのまま進んでいくだろう

だが残念ながら運転手はあなたではない

あなたはずっとハックされたままなのだ


だから、自分自身を取り戻しなさい

あなたがドライブするのだ

それはあなたの意識を、あなたの身体に入れるということ

あなたが身体に入ったなら、そこが活きた世界に変化する

あなたがあなたに入って、そこを活きた世界に替えていきなさい

それがあなたの「お役目」だ

そこが「一角獣の世界」

ここから、あなたがあなたをドライブしていきなさい

関連記事

あなたは夢を観ている

NO.237

あなたは夢を観ている

眠っていて、何か変な夢を観て、ハッとして起きた経験はないだろうか?

つまりはそう云うこと

どちらも同じなのだ

普段もあなたは夢を観ているのだよ

だから安心していい

言葉にすると簡単になってしまうけど

まさにそうなのだ

“観ているもの(ブラフマン)”が、夢をみているのだ

それがあなたまで降りてきている

“観ているもの”が、観ている夢に、あなたが意味を付け加えているのだ

それが、あなたが「体験している生」と云うことになる

関連記事

Newest